ヨーグルト研究所

ヨーグルトの効果・ダイエット方法・レシピや作り方、乳酸菌ごとの特徴を公開しています。

ヨーグルトの花粉症改善効果

f:id:rerereflow:20150614145724j:plain

アレルギー症状のひとつ、花粉症。

温かくなり始めるころ、花が咲くより早く鼻が先に春を感じてしまっていたり、お花見のお誘いが憂鬱だったりすること、ありますよね。

一度かかってしまうと、毎年悩まされる症状です。
実際に医師の診断を受けている花粉症患者は全国で2500万人ほどですが、市販薬や市販目薬などでセルフケアをしている人はもっといるといわれています。
花粉症はもはや国民病であるといっても過言ではないでしょう。

この症状の打開策として、ヨーグルトの利用に注目が集まっています。

 花粉症のメカニズム

杉、ヒノキからチューリップにいたるまで、さまざまな植物の花粉が花粉症の原因になるといいますが、花粉症は特定の花粉に対するアレルギー反応です。

鼻やのどの粘膜に花粉が入り込むと、その部分の粘膜に花粉がくっつきます。
人間の体にはアレルギー抗体というものがあり、花粉をはじめとするアレルゲンが体の中に吸収されるのを抑えてくれます。

ところが、花粉症をはじめとするアレルギー反応の場合、体の中に吸収されるのを抑えてくれる代わりに、免疫細胞(ヘルパーT1細胞といいます)が誤作動を起こしてしまいます。
すると、花粉とアレルギー抗体が結びついてヒスタミンという化学物質が出ます。
このヒスタミンは、かゆみを感じさせる物質です。

免疫細胞の誤作動は、「花粉が入ってきたら外に出せ」という本来の指示ではなく、「花粉が入ってきたら肥満細胞と結びつけてしまえ」とプログラムされてしまうことです。
このプログラムは容易に書き換わりません。
なので、花粉が入ってくるたびにヒスタミンが分泌され、花粉がくっついたのどや鼻、目などの粘膜はひどいかゆみに襲われるのです。
それでも、粘膜は異物を追い出そうとします。
このため、涙や鼻水を出して追い出す働きを開始します。
こうして、かゆみと涙、鼻水、鼻づまりという花粉症の症状が出来上がるのです。

 

スポンサーリンク

 

 

 

ヨーグルトはなぜ花粉症にいいか

免疫細胞が誤作動を起こして間違った指示を与えるアレルギー抗体を、lgE抗体といいます。
ヨーグルトには、lgE抗体の発生を抑制する働きがあるのです。
この抗体の発生が抑制されると、本来のプログラム「花粉が入ってきたら、速やかに外に出せ」を守っている抗体(lgA抗体・免疫グロブリンA))が働きやすくなるのです。

ヨーグルトに含まれている乳酸菌は、正しく働くアレルギー抗体、lgA抗体を増やす手助けもしてくれます。
マウス実験でも、乳酸菌を投与したマウスのlgA抗体は増えることが証明されています。
誤作動を起こす抗体を減らし、正常な免疫の働きをする抗体を増やしてくれるので、ヨーグルトを食べることは花粉症の症状を抑えることにつながるのです。

ヨーグルトはなぜ抗体に働きかけられるのか

ヨーグルトに含まれている乳酸菌は、腸の環境を改善することで知られていますが、免疫力を上げる効果もあります。

なぜかというと、人間の体の6割から8割の免疫細胞が腸にあるからです。
腸の機能が低下すると、免疫細胞の働きももちろん低下します。
小腸には、リンパの司令塔ともいわれる「パイエル板」という部分があります。
このパイエル板をはじめとする免疫系器官が正常に働くことで、免疫細胞も正常に動くことができます。

腸管に存在している免疫細胞を、腸管免疫系の細胞と言いますが、なんとこの免疫細胞には、腸内細菌体の成分を認識する作用があるのです。
どんな菌がどんなバランスで腸内に生息しているのかを感知する作用があるのですが、正常なバランスであれば免疫系を正常な働きに導くことがわかりました。

なので、腸管免疫が察知する腸内細菌のバランスが正常ならば体の免疫も正常に動き、バランスが悪ければ、体の免疫を正常に調節する力が働かないのです。
つまり、体の免疫を正常に働かせたかったら、腸内細菌のバランスを正常に保つのが何より大事ということになります。

ヨーグルトは、そのまま免疫細胞に何か良いことをするわけではありません。
ヨーグルトは腸内環境を改善し、腸内細菌のバランスを正常に整える力があります。
このため、ヨーグルトを摂れば腸内細菌のバランスが正常に保たれ、結果として体の免疫機能を正常に保ち、免疫細胞の誤作動が少なくなるのです。

どんな食べ方をしたらよい?

花粉症を薬で抑える場合、初期治療が大事だといわれています。
つまり、シーズンが始まってからではなく、シーズンが始まる前の準備が大切ということです。
確かに、花粉症シーズンが始まると、体はその対策に追われてしまいます。
その前にヨーグルトを毎日の習慣にして、腸管免疫を整えてから花粉シーズンを迎えるのが良いようです。

ヨーグルトは薬ではありません。
なので、今日食べて明日効果が出る、というものではないのです。
目安としては、最低1か月から半年くらいといわれていますが、ヨーグルトを食べていても腸内細菌のバランスをひっくり返してしまうものがあります。

それは、

  • 過度な肉食
  • 過度なストレス
  • 「食べない」「食事抜き」のダイエット
  • 喫煙、過度のアルコール

などです。
「食べない」「食事抜き」のダイエットは何が悪いの?と思うかもしれませんね。
ところが、食べないことは、腸に物を送らないことです。
胃に食べ物が入ってくると、「胃・大腸反射」という反射が起き、大腸が刺激されて動きだします。
これからものが入ってくるんだから、いまあるものを出さなければいけない!と腸が排せつ物を外に出す動き(蠕動運動)を始めるのです。

胃に物を入れる回数を減らすことは、腸を動かす回数を減らすことでもあります。
腸管は筋肉です。
使う回数が減ってくれば、弱ります。
どんなに走れるアスリートでも、故障して休んでいれば、元通りに走れなくなるのと同じです。

休んでいたアスリートが現役復帰しようと思ったら、リハビリは必ず必要ですよね。
腸にとってのリハビリが、ヨーグルトで乳酸菌を摂取することです。
けがは一瞬ですが、リハビリは長期間続けないと、またすぐ故障してしまいます。
ハードワークさせられている腸は、アスリートだと思うとよいかもしれません。
あなたの中のアスリートのよいリハビリのために、長期間のヨーグルト摂取はぜひとも検討してほしいところです。

注目したい、プロバイオティクス効果

花粉症は大変悩ましい症状なので、期待している効果を確実に出したいですよね!

でしたら、「プロバイオティクス」と書いてあるヨーグルトを選んでください。
プロバイオティクスとは、腸内細菌叢を整える働きがちゃんとある、と認められたものにしか記載してはいけないことになっています。
ヨーグルトはおいしいものなので、嗜好品として食べてもよいものですが、改善したい症状があるのなら、きちんと効果が認証されているものを食べたほうがいいと思います。

スーパーでヨーグルトをよく眺めてみると、いろいろな乳酸菌の種類が書いてあることに気づかれると思います。
が、市販の食品に、含まれている乳酸菌の種類は記載してもよいけれど、その乳酸菌の効果は記載してはいけないことになっています。
薬事法に違反するからです。
効果を知りたい方は、このサイトにも書きましたのでそちらをご参照ください。

ですが、効果を知らなくても「プロバイオティクス」と書いてあるものなら、腸内細菌のバランスは正常化する効果があるということです。
実はヨーグルトは、一種類に決めるとなかなか続かないものです。
味に飽きてしまったり、たまたま店頭から切れているとなんだか食べる習慣そのものをやめてしまったり…。

でも、乳酸菌は皆、腸内細菌のバランスを整える力を持っています。
同じヨーグルトを決めて食べるよりも、暑くなってきたからあっさりした味のほうがいいなとか、たまにはカスピ海ヨーグルトを食べてみようか、など臨機応変に選んだほうが、長続きするようです。

  おすすめのヨーグルトはこちら

yogurt.hatenablog.com