ヨーグルト研究所

ヨーグルトの効果・ダイエット方法・レシピや作り方、乳酸菌ごとの特徴を公開しています。

ヨーグルトサラダのレシピ集

f:id:rerereflow:20150619112528j:plain

年間のヨーグルトの消費量が、一人当たり35キロという驚きのヨーグルト大国、トルコ。

そのまま食べる食べ方もありますが、もちろん料理にも多く取り入れられ、ヨーロッパで一番美人が多いといわれるトルコの健康を支えています。

トルコの気候は、年間を通して気温はあまり変わりませんが、夏の降水量が少なく、日本とは違ってからっとした夏です。紫外線も強く、肌のバリア機能を高めてくれるヨーグルトは、食卓に欠かせない食品です。

  • 飲むサラダ、ジャジュック
  • ヨーグルトのライスサラダ
  • サラダに、ヨーグルトドレッシング
  • ほうれん草とヨーグルトのサラダ
  • なすとヨーグルトのサラダ
  • にんじんとヨーグルトのサラダ

爽やかなトルコの夏を食卓に運んできてくれるレシピを6つご紹介します。レシピはすべて3~4人分です。

 

スポンサーリンク

 

 

 

 飲むサラダ、ジャジュック

トルコの夏の定番ドリンクサラダです。きゅうりは、体の水分を調節し、体を冷やす効果があります。食欲がないなどの夏バテ症状を改善するのにも効果があります。

<材料>

きゅうり:1本
プレーンヨーグルト:1パック(400~450g)
玉ねぎ:大さじ2(みじん切り)
ハーブ(ディルやパセリなど、お好みで):大さじ2
塩:小さじ1
水:1カップ
オリーブオイル:大さじ2
※仕上げに、粗びきの唐辛子やこしょうをお好みで散らすとおいしいです。

<作り方>

  1. きゅうり、玉ねぎ、ハーブをみじん切りにする。それぞれ分けておく。
  2. ボウルにハーブとオリーブオイル以外のすべての材料を入れて混ぜ合わせる。
  3. 冷蔵庫で冷やす。
  4. 器によそい、ハーブやスパイスなどをかけ、オリーブオイルを散らす。

ヨーグルトのライスサラダ

残りご飯を使って作れるヨーグルトの冷たいライスサラダです。トマトを混ぜたり、グリーンを混ぜたりとアレンジ自在なので、食欲のない日にお試しください。

<材料>

ごはん(冷たいもの):茶碗2杯
ハム:3枚分
パセリ:大さじ2(みじん切り)
きゅうり:1本
プレーンヨーグルト:1カップ
塩、こしょう:適量
※ほかに、混ぜる野菜として、トマトやアボカドもおすすめです。さいの目に切って混ぜてください。

<作り方>

  1. 冷たいご飯は流水でさっと洗ってほぐしておく。
  2. きゅうりはさいの目切り、ハムはみじん切りにする。
  3. ご飯と野菜、ハムを混ぜ、ヨーグルトをかけて塩こしょうをする。

ヨーグルトドレッシング

すべての種類のサラダにかけられます。自分で作るドレッシングは、味の加減ができておいしいですよ。

<材料>(作りやすい分量)

プレーンヨーグルト:1カップ
塩:小さじ1
粒マスタード:小さじ2
パルメザンチーズ:大さじ1~2
オリーブオイル:大さじ2

<作り方>

  1. すべてをよく混ぜ合わせるだけ。

葉物のグリーンサラダに合いますが、きゅうりとトマトと鳥のささみのサラダにかけると、ぐっとボリュームのあるおかずサラダになります。ピーマン、アボカド、パプリカなどを加えれば、彩りも鮮やか。

トルコのサラダは、野菜を小さな角切り(5ミリ程度)にザクザク切って、ヨーグルトと混ぜるものが多く、スプーンですくって食べるものが多いのです。ぜひ、いろいろなお野菜でお試しください。

ほうれん草とヨーグルトのサラダ

トルコ料理のレシピ本には、必ず載っている温かいサラダです。夏バテ気味の胃に良く効きます。

<材料>
ほうれん草:1袋
玉ねぎ:2分の1個
ニンニク:一片
ヨーグルト:200g
オリーブオイル:大さじ3
塩、こしょう:適量

<作り方>

  1. 玉ねぎをみじん切りにし、ほうれん草を2センチ長さほどのざく切りにする。ニンニクはおろしておく。
  2. フライパンにオリーブオイルを熱し、玉ねぎを炒め、しんなりしたらほうれん草を炒め合わせる。火が通ったら塩コショウする。
  3. フライパンの火を止め、ヨーグルトとおろしにんにくを混ぜる。この間に余熱でほうれん草に火が通る。
  4. お皿にほうれん草をよそり、ヨーグルトをかけて出来上がり。

なすとヨーグルトのサラダ

トルコの家庭料理で、前菜としてよく食べられています。なすには、ほてった体を冷やす効果があります。日本ではありえない取り合わせですが、おいしいです。いかに手早く皮をむくかが勝負なので、火傷に気を付けて頑張ってください。

<材料>
なす:5本
プレーンヨーグルト:1パック(400~450g)
オリーブオイル:大さじ2
ニンニク:一片
塩:適量(小さじ1~2)
レモン汁:大さじ2

<前日準備>

・ヨーグルトの水を切っておく。

本場トルコのヨーグルトで、このサラダに使うのは固いものが多いので、本場の味に近づけたい場合はヨーグルトの水分を切っておくことをおすすめします。

ザルとボウルを二重にし、ザルの上にキッチンペーパーを置いてヨーグルトをあけ、そのまま冷蔵庫で一晩おくだけです。コーヒーのドリッパーで大きいものをお持ちの方は、コーヒーフィルターを乗せたドリッパーの中にヨーグルトを入れ、下に適当な大きさのボウルを置いて冷蔵庫に入れると簡単です。

少し水っぽくなりますが、普通のプレーンヨーグルトをそのまま使っても大丈夫です。

<作り方>

  1. 皮が黒くなるまでなすを焼く。グリルを使うと簡単。ない場合はフライパンや、オーブントースターでも。その間に、ニンニクをすりおろしておく。
  2. 焼けたなすの皮をむく。水につけると水っぽくなるので、まな板の上で竹串を使い、横からさして漉き取るようにすると上手にむける。
  3. なすを包丁でたたいて細かくし、ボウルに入れる。
  4. すりおろしたニンニク、レモン汁、塩、ヨーグルトを混ぜて、なすの入ったボウルに入れて、さらに混ぜる。
  5. 冷蔵庫で2時間ほど冷やしたら出来上がり。

ニンジンとヨーグルトのサラダ

ニンジンがぺろりと食べられてしまうレシピです。塩味のヨーグルトのおいしさに目覚めますよ。水気を切ったツナをいれてもおいしいです。

<材料>

にんじん:2本
ヨーグルト:カップ半分(100gほど)
鶏がらスープのもと:小さじ2
マヨネーズ:大さじ1
ニンニク:一片
塩:適量
パセリ(みじん切り):適量
オリーブオイル:低k量

<作り方>

  1. ニンジンを千切りにし、ニンニクをすりおろしておく。
  2. 千切りにしたニンジンに、鶏がらスープをもみこむ。
  3. ボウルにすりおろしたニンニク、塩、ヨーグルト、マヨネーズを入れてよく混ぜ合わせる。
  4. ニンジンを軽く絞り、ヨーグルトボウルの中に入れて和える。

おいしいサラダのためのヨーグルトの選び方

トルコのヨーグルトは、日本のヨーグルトよりも固めです。このため、少し水切りをして使うのが本場の味に近づけるコツです。

水切りをせずに、やや硬めのヨーグルトを使うなら、

小岩井生乳100%ヨーグルト

がやや硬いのでおすすめです。

メグミルクのヨーグルトはやや柔らかいので、混ぜて食べるタイプのサラダには向きません。

2時間~半日ほど水切りをするなら、

明治ブルガリアヨーグルト

が、自然な酸味もあっておすすめです。

加糖タイプ、また、寒天やゲル化剤が入っているものも、サラダには向きません。少し味が変わってしまいます。

地域は限られますが、

会津中央乳業の「会津の雪」

南東北のスーパーでは買えるヨーグルトです。固さならこれが一番、という口コミを多数見つけました。ヨーグルトは持ち帰るには不向きな食品ですが、旅行の機会があったら、ご当地ヨーグルトを試すのもよいですね。