ヨーグルト研究所

ヨーグルトの効果・ダイエット方法・レシピや作り方、乳酸菌ごとの特徴を公開しています。

ヨーグルトでダイエットをする方法

f:id:rerereflow:20150320151644j:plain

ヨーグルトをダイエットに使おうと思ったときに、いろいろな方法があって迷ってしまいますよね。

ご自分のライフスタイルと、目的に合わせて使えるヨーグルトのダイエットは、方法がいろいろあります。

ヨーグルトでダイエットをする特徴は、どんなダイエット方法を選択しても、必ず腸内環境は改善し、ストレス軽減などのメンタル面の向上、アレルギー症状の軽減などが期待できることです。
体重が減るだけでなく、健康効果もついてくる、うれしいダイエットができるのがヨーグルトです。

どのダイエット方法が自分に一番良いのか、についてのメリット、デメリットを比べてみました。
自分に合うダイエットを見つけて、すっきり軽い心と体を目指してください。
下腹ポッコリタイプの体系の方は、内臓脂肪を燃やすタイプのヨーグルトを選ぶと、下腹周りの脂肪が燃焼しやすいので、ウエストを早く手に入れられる、という口コミもあります。

 

スポンサーリンク

 

 

 

 すべてのヨーグルトダイエットの前に気を付けること

乳酸菌は、動物性、植物性、腸管性のものを合わせると800種類くらい種類があります。
この中には、体に合うものも、合わないものもあります。
合う合わないは人によって違うので、自分で試してみるしかありません。

5~7日で、合う合わないは出ます。
食べた後に胃が痛くなったり、まれに頭痛が出ることもあります。
その場合は、ヨーグルトの種類を変えてください。

買い置きは避けてください。ヨーグルトの中にいる乳酸菌は、出荷時が菌数のピークです。
BB80株以外の乳酸菌は、スーパーの店頭に並んでいる間、ご家庭の冷蔵庫にある間にどんどん菌数が減っていきます。

買い物の量は、1週間を目安にしましょう。
賞味期限内には、必ず食べきるようにしてください。

腸内お掃除ダイエット

腸を活性化させることを第一の目標にし、体重を減らすのは二の次、という方のためのダイエット方法です。

方法は簡単です。

  • 1日1回、食後に100g~200gのヨーグルトを食べる。
  • タイミングはいつでもよい。

体重の減りは緩やかで、半年に1~2キロくらいが標準のようです。
ただ、細胞レベルで活性化が行われますので、1年で3キロくらいの緩い減少ですが、リバウンドなどはありません。
体調も良くなり、メンタル面も改善されるという効果もあるので、欧米でのヨーグルト健康法はこちらがメインです。

効果の目安は、

  • 1か月で0.5キロ前後の減量効果。
  • 1年で3~4キロほどの減少効果。

が平均値です。もちろん、元の体重にも大きく左右されます。

ちなみに、健康目的で使用する場合は、加糖タイプでもなんでもよいのですが、ダイエット目的で使用する場合は、プレーンタイプがおすすめです。

ヨーグルト消費世界一のトルコでは、ヨーグルトはバケツ単位で売られているようです。
バケツ単位のヨーグルトを、一家6人程度で3日ほどで食べきるといいますから、驚きのヨーグルト消費量ですが、トルコの女性は肌の状態も大変良く、美女の産地としても有名です。
一人当たりの消費量が35キロ(年間)という、驚きの多さです。
このためか、トルコには腸疾患も先進国の中では比較的少なく、肥満率も低いという統計があります。

腸内お掃除ダイエットの場合、ヨーグルト摂取量の目安は、1日100g~200g。
胃酸が薄まっている食後に食べます。
なるべく次の食事との間隔があいた方がいいので、夜がお勧めです。
寝ている間にヨーグルトに含まれる乳酸菌が腸のお掃除を行います。

置き換えヨーグルトダイエット

お掃除ダイエットでは物足りない、もっとガツンと結果を出したい、という方におすすめのダイエットです。

置き換えというのは、1食分の食事の代わりにヨーグルトを食べるということです。
1回量は300gが上限です。
おなかに冷たいものを大量に入れると胃腸の働きが低下しますので、室温に戻すか、電子レンジで少し温めるとよいでしょう。

方法は、こちら。

  • 1日のうち、どこか1食を300gのプレーンヨーグルトと置き換える。

朝、昼、晩とどこの食事を置き換えてもよいのですが、おすすめは夜です。
現代日本人の食事によるカロリー摂取量は、夕食が一番高いからです。
一番カロリーを取る夕食をヨーグルトに置き換えることで、摂取カロリーそのものを抑えることができます。

ちなみに、ヨーグルトのカロリーは、100g当たり60キロカロリー前後。
300gでも、180キロカロリー。
梅の入ったおにぎりが1個約170キロカロリーですが、ヨーグルト300gというと、大きめのヨーグルトパックの4分の3となります。
けっこうお腹がいっぱいになりますよ。
タンパク質も入っているので、消化が良い割に腹持ちの良いのも特徴です。

効果は、

  • 1か月で2~4キロ程度。

が平均値のようです。

タンパク質メインの食品は、糖質メインの食事に比べて、食べたすぐ後の満腹感が出にくいのです。
ご飯の大盛りはお代わりできなくても、焼き肉ならいくらでも食べられるのは、脳の満腹中枢に「もう糖分は大丈夫!」という信号が行きにくいからです。
食べた直後は物足りなさを感じても、1時間程たつと、思ったよりお腹がいっぱいだったことに気が付くでしょう。

胃腸に過度の負担をかけることは、ダイエットがうまくいかないことにもつながります。
寝る3時間前には食べ終わっているのが理想です。

夜ヨーグルト

毎日、夕食後に200gのヨーグルトを食べる方法です。
プレーンタイプのものを選んでください。
一度食べてみるとわかりますが、きちんとご飯を食べてしまうと、食後に200gのヨーグルトは少しきついです。
ご飯は腹7分目くらいにして、ヨーグルトの分を開けておきましょう。

このとき、ヨーグルトは冷蔵庫から出したての冷たいものよりも、少し温めておくのがお勧めです。
電子レンジでかまいません。
もともと乳酸菌は、動物性のものであれば、乳の中にいるもの。
動物の乳の温度は高く、37℃ほどあります。
50℃を超えると、動物性乳酸菌は殺菌されてしまいますが、低い温度だと活動できません。

効果は、

  • 1か月で1~3キロ

が平均のようです。人によっては、「1か月で4キロやせた」「1か月で5キロ」という方もいらっしゃるようですが、これは、ヨーグルトの前に食べる食事のカロリーが高いか低いかにもよるようです。

人間の胃腸も、冷たいものをたくさん食べるとおなかを壊してしまうように、低い温度では十分に活動することができません。

時間帯ですが、腸にもゴールデンタイムがあります。
成長ホルモンが活発に分泌される、22時から2時の間です。
この時間の前に、ヨーグルトを食べ終わっているのが理想です。
ゴールデンタイムの時間帯に腸の活動が活発化され、体が老廃物や余剰カロリーの排出に向けて動き出すからです。

この時間帯に重ための食事をとってしまうと、胃腸は休まらず、せっかくの成長ホルモンの働きが十分に発揮できません。
排出よりも消化・吸収のほうに体内機能のバランスが偏ってしまうからです。

とはいえ、社会人の食事は遅くなってしまいがち。
でも空腹のままでは寝られません。
この時は、食事は軽めにして、ヨーグルトを200gより多めに摂るのもおすすめです。

ここに挙げたもののほかに、

ヨーグルトプチ断食

yogurt.hatenablog.com

 ホットヨーグルトダイエット

yogurt.hatenablog.com

 などの方法があります。