ヨーグルト研究所

ヨーグルトの効果・ダイエット方法・レシピや作り方、乳酸菌ごとの特徴を公開しています。

塩にんにくヨーグルトのレシピ集

f:id:rerereflow:20150623223239j:plain

ヨーグルトを買ってきたら、すぐに塩とすりおろしニンニクを混ぜて冷蔵庫へ…これが、トルコで良く行われているヨーグルト料理用の下ごしらえです。

日本で売られている400g程度の容量のヨーグルトも、買って帰ってきたら、すぐにふたをあけて、塩を小さじ2杯、すりおろしニンニクをひとかけら分入れて混ぜて冷蔵庫に入れれば、塩にんにくヨーグルトの下ごしらえのできあがり。

生野菜を切って、そのままディップにすると、そのおいしさがよくわかります。

ここでは、塩にんにくヨーグルトを使う

  • 野菜サラダ(3種類)
  • から揚げ
  • ミートソースパスタ
  • ベラルーシ風ジャガイモのおやき
  • マントゥ(トルコ風水餃子)

をご紹介します。

 

スポンサーリンク

 

 

 

 塩にんにくヨーグルトのサラダ

ナスとほうれん草、ポテトサラダの3種類をご紹介します。

ナスサラダ

温かいナスのサラダです。炒めるとナスはカサが減るので、一人当たりナス1本は食べられてしまいます。ヨーグルトでコクがあるので、しっかりおかずになりますよ。

<材料>(4人分)

ナス:4本
オリーブオイル:80ml
塩にんにくヨーグルト:1と2分の1カップ
クミンシード:小さじ1

<作り方>

  • ナスのへたを取る。縦に4等分にして、さらに2センチ長さに切る。
  • オリーブオイルをフライパンに熱し、多めの油で揚げ焼きにする。フタをすると、少ない油でも早く火が通る。
  • 熱いうちに、ボウルに入れて塩にんにくヨーグルトとクミンシードを入れて混ぜる。

ほうれん草サラダ

とても簡単なサラダです。スナップエンドウ、ブロッコリー、インゲンなどでもできます。スナップエンドウとインゲンは、ソースがあまり沢山からまないので、量を加減してください。

<材料>(4人分)

ほうれん草:2束
塩にんにくヨーグルト:カップ1
トマトケチャップ(ピザソースでもよい):大さじ1
塩コショウ:適量

<作り方>

  1. ほうれん草は、4センチ長さに切ってからゆでる。茹でたら、水気を切って冷ます。
  2. ボウルにすべての材料を入れて混ぜ、味が物足りない場合は塩こしょうを加える。

ポテトサラダ

日本ではマヨネーズを使うことの多いポテトサラダですが、塩にんにくヨーグルトを使えば、卵アレルギーのお子さんにも心配なく食べさせられます。マヨネーズより爽やかで、軽い感じに仕上がります。

<材料>(4人分)

ジャガイモ:4個
玉ねぎ:半分
お好みの野菜:ピーマン、ニンジン、キュウリなど適量
お好みのトッピング:ハム、コーン、ナッツなど適量
レモン汁:お好みで大さじ2ほど
オリーブオイル:お好みで大さじ2ほど
塩にんにくヨーグルト:カップ1

<作り方>(4人分)

  1. 皮をむいたジャガイモを一口大に切り、水からゆでる。水っぽい仕上がりが苦手の方は、皮ごとゆでてから皮をむき、切るとホクホクした仕上がりになる。
  2. ジャガイモをゆでている間に、玉ねぎとお好みの野菜を薄切りにする。
  3. ボウルに材料を全部入れて混ぜる。ジャガイモが熱いうちに混ぜると、ヨーグルトソースとジャガイモが良くなじむ。キュウリなどを入れる場合は、熱いうちに混ぜると色が変わってしまうので、まずジャガイモとヨーグルトを混ぜ、粗熱が取れてからキュウリなどを混ぜるとよい。

から揚げ

塩にんにくヨーグルトを鶏肉の漬け込みに使ったヨーグルトです。しっかりした味が付き、安い肉でもうまみが出て柔らかくなります。から揚げの下味に悩まなくていい、お助けレシピです。

<材料>(4人分)

鶏もも肉:2枚
塩にんにくヨーグルト:カップ2分の1
片栗粉:適量
揚げ油:適量
レモン:適量

<作り方>

  1. 鶏もも肉を食べやすい大きさに切る。
  2. ポリ袋に鶏もも肉とヨーグルトを入れてもみ、一晩漬け込む。
  3. 片栗粉をまぶして揚げる。ポリ袋にそのまま片栗粉をカップ2分の1ほど入れ、混ぜてしまってから揚げてもよい。油の温度は170度~180度。
  4. お好みでレモンを絞る。

ミートソースパスタ

中東には、ミートボールをヨーグルトで煮た料理があります。ミートボールをひよこ豆と一緒にカレー粉の入ったヨーグルトで煮る料理です。肉とヨーグルトの相性もまた、最高です。

ここでは、普通のミートソースパスタに塩にんにくヨーグルトを加えた、まろやかな味わいのパスタをご紹介します。

<材料>(4人分)

ひき肉:200g(豚でも合挽でも)
玉ねぎ:1個
カットトマト:1缶
塩にんにくヨーグルト:カップ1
ニンジン:2分の1本
セロリ:2分の1本
ケチャップ、ウスターソース:お好みで

パスタ:400gくらい

<作り方>(4人分)

  1. 玉ねぎ、にんじん、セロリをみじん切りにする。
  2. フライパンにオリーブオイル(分量外)を熱してひき肉を炒める。ひき肉に火が通ったら、野菜を炒める。目安は、玉ねぎが透き通るまで。
  3. トマト缶をあけ、水100ml(分量外)と一緒に煮る。
  4. トマトがなじんだら、塩にんにくヨーグルトを入れて弱火で5分ほど煮る。強火で煮ると分離する。
  5. パスタをゆで、4のミートソースをかける。上にさらに塩にんにくヨーグルトを添えてもよい。

ベラルーシ風ジャガイモのおやき

ベラルーシの郷土料理です。シンプルな料理ですが、塩とにんにく、ヨーグルトの風味が効いて、軽食にもおつまみにもなる料理です。

<材料>(4人分)

ジャガイモ:4個
卵:1個
塩:少々
バター:大さじ2ほど
オリーブオイル:大さじ2ほど
塩にんにくヨーグルト:カップ2

<作り方>

  1. ジャガイモを千切りにする。水にはさらさないこと。
  2. 卵を溶き、ジャガイモに混ぜる。
  3. フライパン(フッ素加工の、くっつかないものがおすすめ)にオリーブオイルとバターを熱し、ジャガイモの千切りを薄くのばしてふたをする。両面をこんがり焼く。大きいので、ひっくり返すときに注意する。
  4. 焼きあがったら器に載せ、塩にんにくヨーグルトをかける。

マントゥ(トルコ風水餃子)

ラビオリのような水餃子です。ゆであがったものを塩にんにくヨーグルトで食べます。トルコの代表的な料理です。

<材料>

○パスタ生地

小麦粉(強力粉):200g
たまご:1個
塩:一つまみ
水:50ml

○たね

牛ひき肉:200g
玉ねぎ:半分
パセリ:大さじ1
塩:小さじ2分の1

塩にんにくヨーグルト:カップ2

<作り方>

  1. まず、パスタ生地をつくる。小麦粉、卵、塩、水を入れて、耳たぶくらいの固さになるように、よくこねる。こねたら30分ほど寝かしておく。
  2. たねの材料をボウルに入れ、よく混ぜておく。
  3. パスタ生地を薄くのばし(2㎜程)、3㎝四方に切り、その上にたねを少しずつのせていく。
  4. 種がこぼれないように、四方をつまむ。
  5. ゆでる。たっぷりのお湯でゆで、浮いてきたら出来上がり。
  6. お皿に取り、上から塩にんにくヨーグルトをたっぷりかける。

塩にんにくヨーグルトに合うヨーグルト

酸味がしっかりしている

明治ブルガリアヨーグルト

は、買ってきた段階で乳清が分離してホエーが出てしまっているのですが、塩にんにくヨーグルトにすると、なぜかさらに分離が進んでしまいます。かき混ぜて使えば問題ありませんが、分離が気になる方は、

森永ビヒダスヨーグルト

ナチュレ恵プレーンヨーグルト


をお使いください。

小岩井生乳100%ヨーグルト

を使うと、特にポテトサラダがとても濃厚な味わいになります。ちなみに、小岩井は生乳を「せいにゅう」ではなく、「なまにゅう」と読みます。