ヨーグルト研究所

ヨーグルトの効果・ダイエット方法・レシピや作り方、乳酸菌ごとの特徴を公開しています。

海外のヨーグルト健康レシピ:二日酔い、胸焼けなど

f:id:rerereflow:20150623165456j:plain

日本の一般市民がプレーンヨーグルトを普通にお店で買えるようになったのは、たったの30数年前です。7世紀に海を越えて渡ってきたという歴史はあるようですが、それはごく一部の人の口にだけ入るものでした。

浅い日本の歴史をしり目に、海外、特に酪農が盛んだったヨーロッパでは、古くからヨーグルトは国民食として、様々な用途に使われてきました。

ここでは、二日酔い、胸焼けや疲労回復、滋養強壮などに使われてきたレシピをご紹介します。

  • 二日酔い、胸焼けに「アイラン(トルコ)」
  • 胃もたれに「ドゥーグ(イラン)」
  • 二日酔いに「タラトール(ブルガリア)」
  • 滋養強壮に「ヨーグルトセーキ(世界中)」
  • 疲労回復に「マツォーニ・スピ(グルジア)」

の5種類をご紹介します。各料理の後ろに、合うヨーグルトも書いておきましたので、参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

 

 

 

 アイラン(トルコ)

トルコの市場へ行くと、ガラス製、または陶器製の大きなピッチャーが売っています。ビールを飲むのに使うのかと思うとそうではなく、ヨーグルトドリンクを作るのに使うそうです。

トルコのヨーグルトは、とにかく容器が大きく、ふたをしたバケツのような容器で売っています。豪快におたまでヨーグルトをピッチャーにすくいいれ、泡だて器でリズミカルにかき回せばできあがり、というアイランは、トルコの国民ドリンクです。

二日酔いにも大変効果があるので、つらい日には朝食代わりにするとよいです。現地では、のむ前にもアイランを飲んでおくと悪酔いしにくい、という万能薬のように使われています。胸焼けにも効果があり、

ヨーグルトが入っていたパックをそのまま計量に使う、簡単なやり方をここではご紹介します。

<材料>

プレーンヨーグルト:水 1:1
塩:小さじ1

(グラスで作る場合)

プレーンヨーグルト:100ml
水:100ml
塩:2g

<作り方>

  1. 明治ブルガリアヨーグルトや、ナチュレ恵などの容量の大きなパックを買ってきて、大きめのピッチャーに空ける。ボウルでもよい。
  2. 泡だて器で、ヨーグルトと塩を良くかき混ぜる。
  3. ヨーグルトのパックに、ヨーグルトが入っていたところまで水を入れて、ピッチャーかボウルに入れ、ヨーグルトとよく混ぜる。

アイランに合うヨーグルト

明治ブルガリアヨーグルト

には、ホエーと呼ばれる水分が入って分離しています。このホエー(乳清)が、アイランの風味を引き立てますので、こちらが一番おすすめです。

また、

ナチュレ恵プレーンヨーグルト

は、ヨーグルトと塩を初めて混ぜる、という方に
おすすめです。くせがないので、塩とよく合うんです。

ドゥーグ(イラン)

二日酔い、胃もたれ、夏バテなどの症状の時に効く、さわやかな飲み物です。本来は、乳酸発酵を進ませ、ちょっと口の中がぱちぱちいうような微炭酸を楽しむのですが、日本の一般家庭で作るには温度管理が難しいので、炭酸水を使ったお手軽ドゥーグです。

<材料>(作りやすい分量)

炭酸水:500ml
プレーンヨーグルト:1パック(400g~450g)
塩:小さじ1
ドライミント:小さじ1

<作り方>

イランでは、大きめのピッチャーの中で作ります。ピッチャーをお持ちでない方は、個々のグラスで作ります。

日本では、ヨーグルトのドリンクというと甘いものが定番ですが、ほんのり塩味のヨーグルトドリンクは大変爽やかで、慣れると癖になります。食後に飲むことで、歯周病などの歯のトラブルを予防する効果もあります。

  1. プレーンヨーグルトと塩、ドライミントを大きめのピッチャーの中に入れて混ぜる。グラスで作る場合は、グラスの3分の1ほどのところまで、ヨーグルトを入れ、塩ひとつまみ、ドライミントを適量振りかける。
  2. 炭酸水を加えながらよく混ぜる。冷たいうちにどうぞ。

ドゥーグに合うヨーグルト

基本的に、炭酸水で爽やかな感じになってしまうので、どのプレーンヨーグルトを選んでいただいてもおいしく飲めると思いますが、炭酸水の軽やかな感じを一番消さない、

ナチュレ恵プレーンヨーグルト

がおすすめです。

タラトール(ブルガリア)

トルコ料理のところで紹介した、ジュジャックに似た冷たいスープです。ブルガリアの夏には欠かせないスープですが、特に二日酔いに効くようで、体から失われた水分と塩分を補い、体を冷やす効果もあります。

普通に食事の時に飲むときは、ニンニクをほんの少し加えますが、二日酔いの解消で飲むときは、加えないことが多いようです。

<材料>(4人分)

きゅうり:2本
ディル:1本
プレーンヨーグルト:400g
水:350ml
塩:小さじ1

<作り方>

  1. きゅうりを2㎜の薄切りにして、軽く塩をしておく(分量外)。
  2. ディルは、葉の部分だけを刻む。
  3. きゅうりを出た水ごとヨーグルトに入れ、水と残りの塩、ディルを入れてよく混ぜる。水は少しずつ混ぜると分離しない。

タラトールに合うヨーグルト

ディルの爽やかな香りと一番良く合う、

ナチュレ恵プレーンヨーグルト

がおすすめです。食事として作るときは、なめらかでクリーム感もあるよつ葉乳業の

北海道十勝プレーンヨーグルト生乳100

がおすすめです。

ヨーグルトセーキ(世界各国)

世界各地で愛されている、甘いヨーグルトドリンクです。シェイク、スムージーなどの呼び方もあります。食欲不振の栄養補給、夏バテなどに効果があり、子どもの風邪や病後の食欲不振時にも使われています。

<材料>(作りやすい分量)

フルーツ(桃、ブルーベリーなど):250g前後
プレーンヨーグルト:1パック(400~450g)
砂糖:お好みで

<作り方>

  1. ヨーグルトとフルーツをミキサーにかける。
  2. 味を見て、物足りなければ砂糖を加え、さらになめらかにする。

桃缶、マンゴーの缶詰などが手軽でおすすめです。砂糖を加えなくても十分甘くておいしいです。

ヨーグルトセーキに合うヨーグルト

もちろん、どのプレーンヨーグルトでも合いますが、こだわるのなら、セーキのもったり感(ずっしり感?)を出してくれる

森永ビヒダスヨーグルト

がおすすめです。氷を入れてセーキにすると、フローズンヨーグルトになりますが、フローズンしたときの感じが一番シャリシャリするヨーグルトだと思います。

マツォーニ・スピ(グルジア)

グルジアの伝統料理です。風邪を引いたとき、体が弱っている時の疲労回復に、胃が疲れてしまっている時のいたわりメニューに、二日酔いからの回復メニューにと、幅広く使われています。

<材料>(4人分)

玉ねぎ:2個
水:300cc
グルジアヨーグルト:200g
ニンニク:1片
チキンコンソメ:1個
塩、こしょう、セルフィーユ:適量
バター(炒め用):10g

<作り方>

  1. 玉ねぎを薄切りにする。ニンニクはすりおろす。
  2. 鍋にバターを溶かし、スライスした玉ねぎを入れていためる。透き通ってきたら、水とチキンコンソメを加え、しばらく煮る。水が半量になるくらいが目安。
  3. ミキサーにかけて滑らかな状態にする。
  4. 3を鍋に戻し、ヨーグルトを加えて弱火で温め、塩コショウで味を調える。

マツォーニ・スピに合うヨーグルト

これは、ぜひ、中沢乳業の

中沢グルジアヨーグルト

を使ってください。ぽってりした感じが、やはり日本のプレーンヨーグルトと違い、口に入れた感じも軽くて重いという不思議な感覚で、いかにも疲労回復できそうなスープなのです。