ヨーグルト研究所

ヨーグルトの効果・ダイエット方法・レシピや作り方、乳酸菌ごとの特徴を公開しています。

恵 megumi ビフィズス菌SP株カプセルヨーグルト

f:id:rerereflow:20150706204457j:plain

恵 megumi ビフィズス菌SP株カプセルヨーグルトは、ヨーグルト界に革命をおこしたヨーグルトです。

スプーンですくうと、ヨーグルトの中にカプセルの粒粒があるのが見えます。
このカプセルをどうしていいのか、たいへん迷います。

あのカプセルは何のためなのか、カプセルは噛んでもよいのか、さまざまな疑問を調べてみました。
ビフィズス菌SP株については、恵megumiナチュレのほうに詳しく書きましたので、そちらをご覧ください。
また、このヨーグルトに使われている、オリゴ糖についても詳しくご紹介してあります。

 

スポンサーリンク

 

 

 

 あのカプセルは何?

あの細かい粒は、腸溶性のカプセルです。
ビフィズス菌SP株が入っています。

ビフィズス菌SP株は、大変健康効果の高い菌ですが、胃酸に弱く、胃で死んでしまうものも少なくありません。
死んでしまったビフィズス菌SP株は、小腸で免疫細胞のエサになって体の免疫を活性化させる働きがあります。
これは、生きているビフィズス菌より、死んでいる菌のほうが効果が高いことがわかっています。

ただ、大腸までたどり着いてビフィズス菌SP株を働かせようと思った場合、胃で死んでしまっては、効果が半減してしまいます。

カプセルは、2層構造になっています。一番外側にあるのが、耐酸性の皮膜です。
耐酸性の皮膜により、ビフィズス菌SP株が胃酸で死ぬことを防ぐ効果が期待されます。

二番目の皮膜が、腸溶性の皮膜です。
いくらビフィズス菌SP株を守りたくても、腸まで行ったときに溶けてくれないと、そのまま排泄されてしまいます。
二番目の皮膜は、胃を通過し、腸まで行くと、環境の変化を察して溶けます。

これにより、無傷のビフィズス菌SP株が大腸に放出されます。
ビフィズス菌SP株の生菌の働きを100%期待することができるようになるのです。

噛んで食べてもいい?

ビフィズス菌SP株の効果を最大限体感したいなら、ダメです。
噛まないでください。

噛んで食べても、もちろん害はありません。

ただ、その場合は、従来のヨーグルトと同じく、ビフィズス菌がむき出しの状態で体内に入ることになります。
胃酸でやられてしまうものが増えてしまうので、わざわざカプセルを噛まないほうがよいです。

ガラクトオリゴ糖って何?

恵 megumi ビフィズス菌SP株カプセルヨーグルトの成分表示を見ると、「ガラクトオリゴ糖」と書いてあります。

ガラクトオリゴ糖は、乳酸菌の働きを強める働きをする糖分です。
総称してオリゴ糖と言いますが、オリゴ糖には様々な種類があります。
主な4つのオリゴ糖をご紹介します。

ガラクトオリゴ糖

動物性のオリゴ糖です。
母乳や、牛の初乳などに含まれているオリゴ糖で、主なオリゴ糖の中では動物性はガラクトオリゴ糖だけです。

乳糖を原料として分離することができます。
タンパク質からの分離になるので、アレルギーのある方は注意が必要です。

が、牛のミルクも、人間の母乳も、赤ちゃんを育てるうえで大事な栄養素を持っています。
その栄養素を十分に吸収するために、ガラクトオリゴ糖はタンパク質の消化・吸収をサポートする効果を持っています。

腸内で乳酸菌やビフィズス菌を助けて働き、便秘の改善や、腸内環境を良くするなどの整腸効果があります。

甘みは少なく、砂糖の4分の1程度しかありません。
オリゴ糖の特性でもありますが、たくさん取っても血糖値をあげすぎる心配はありません。
オリゴ糖には、単独では整腸効果はありません。
乳酸菌と結びつくことによって、整腸効果を発揮することができます。

乳酸菌の含まれているヨーグルトと、オリゴ糖を一緒に摂ることは、一石二鳥の効果があります。

フラクトオリゴ糖

ショ糖を原料とするオリゴ糖です。
自然界のものだと、バナナやはちみつ、たまねぎやごぼうに含まれています。

ビフィズス菌の栄養となり、腸内でビフィズス菌が活性化するのを助ける働きがあります。
虫歯になる可能性も低く、胃で吸収されにくいので、きちんと大腸に届いてビフィズス菌を助ける特性があります。

吸収の遅い糖分なので、砂糖などのように、急に血糖値を上げることもありませんので、血糖値を調整する糖分として、糖尿病の食事にも使われています。

イソマルトオリゴ糖

お酒、はちみつ、味噌、しょうゆなどに含まれているオリゴ糖です。
コクがある甘みを持っていますので、加工食品に添加されることが多いオリゴ糖です。

麦芽糖を原料としていますが、麦芽糖として摂取しても、腸内で発酵し、腸を刺激して便秘を解消する効果があります。

ところが、イソマルトオリゴ糖自体は、腸にたどり着くまでに、消化吸収されてしまいます。
このため、腸でビフィズス菌のエサになって働く、という効果はあまり見込めません。
もちろん、腸までたどり着くイソマルトオリゴ糖も0ではありませんので、ある程度の効果は期待できます。
が、腸で働くことを期待するなら、フラクトオリゴ糖やガラクトオリゴ糖のほうが優れています。

大豆オリゴ糖

オリゴ糖は、糖分ですが甘みはそんなに強くありません。
一番甘みの低いガラクトオリゴ糖は砂糖の4分の1程度の甘みですが、大豆オリゴ糖はオリゴ糖の中でも砂糖の4分の3程度と、高い甘みを持っています。

名前の通り、大豆を原料として作られます。
甘い分、ほかのオリゴ糖に比べてカロリーは少し高めです。

このオリゴ糖も、イソマルトオリゴ糖と同様に腸にたどり着く前に消化・吸収されてしまいやすいオリゴ糖です。
なので、腸にいるビフィズス菌に働きかけようと思ったら、不向きなオリゴ糖であると言えます。

大豆の性質も持っており、メタボリックシンドロームを予防する効果もあるといわれています。

オリゴ糖には、このメインの4種類のほかにもたくさんの種類があります。
整腸作用が一般的に知られているので、ヨーグルトにかけるために市販のシロップを利用している方もいます。

ただ、種類によっては、腸に届かないものもあります。
恵 megumi ビフィズス菌SP株カプセルヨーグルトには、初めから含まれていますが、もしご自分でプレーンヨーグルトにかけようと思う場合は、かならずフラクトオリゴ糖かガラクトオリゴ糖を選択してください。

加熱してもいい?

60℃以上はやめてください。
60℃を過ぎると、乳酸菌は殺菌されてしまいます。
恵 megumi ビフィズス菌SP株カプセルヨーグルトも、胃酸からは守れるようにできていますが、熱から守るための加工はされていません。

他のヨーグルトを食べるときにも、プロバイオティクス効果を持つヨーグルトを、プロバイオティクス効果を持つママにしておきたいのなら、40℃くらいが最適です。
40℃と言えば、少し熱めのお風呂くらいです。

50℃を過ぎると、乳酸菌は弱ります。
ヨーグルトの栄養成分自体は、加熱しても変わりませんが、生きている乳酸菌数は変化します。ご注意ください。

加熱と乳酸菌についてはこちらの記事でも解説しています。

yogurt.hatenablog.com

こんな人におすすめ

  • ヨーグルトの新食感を体感したい方
  • 高い整腸効果を期待する方

 

その他のヨーグルトと乳酸菌の種類と効果一覧はこちら

yogurt.hatenablog.com

yogurt.hatenablog.com

お値段を調べてみました(都内某スーパー調べ・消費税抜き)

  • 恵 megumi ビフィズス菌SP株カプセルヨーグルト 100g:158円
  • 恵 megumi ビフィズス菌SP株カプセルヨーグルト 70g×3:332円
  • 恵 megumi ビフィズス菌SP株カプセルヨーグルト ドリンクタイプ100g:95円

味の評判・特徴

味は、ほんのり甘い普通のヨーグルトです。
カプセルの食感のほうが気になって、「食べる」というよりほぼ「飲む」という感じになってしまうと思います。

カプセルは、小さなタピオカのような感覚で、飲み込むのが大変ということはありません。
小さなお子さんでも安心して召し上がっていただけます。