ヨーグルト研究所

ヨーグルトの効果・ダイエット方法・レシピや作り方、乳酸菌ごとの特徴を公開しています。

フジッコ カスピ海ヨーグルト(クレモリス菌FC株)の効果

f:id:rerereflow:20150708161216j:plain

フジッコのカスピ海ヨーグルトは、クレモリス菌FC株によってつくられたヨーグルトです。

生きて大腸まで届く、プロバイオティクス効果の認められた乳酸菌です。

カスピ海ヨーグルトの故郷は、世界三大長寿地域のひとつ、コーカサス地方です。
100歳を超えるお年寄りが元気に暮らしているコーカサス地方。
長寿の秘密を探りに行った家森博士が、カスピ海ヨーグルトのタネを日本に持ち帰ったことから広まりました。

人から人へとタネが分けられ、10年ほど前に爆発的に広まったのを覚えている方もいると思います。
あるいは、もらったという人も少なくないのでは?

ここでは、カスピ海ヨーグルトに含まれるクレモリス菌FC株について、詳しくお伝えします。

 

スポンサーリンク

 

 

 

クレモリス菌FC株の効果

フジッコのカスピ海ヨーグルトを見ると、「粘り成分EPSで毎日健康」とふたのところに書いてあります。
EPSが多いので、カスピ海ヨーグルトは固形ヨーグルトのように、まるでゼリーやムースのようにスプーンですくえる、ということはありません。

どこかとろんとした、角のない感じがありますよね。
糸を引く感じもあります。
これがEPSです。

EPSには、さまざまな働きがあります

免疫力向上効果

EPSは、免疫細胞を活性化し、その中でも特にサイトカインと呼ばれる生理活性物質を増やす働きがあります。

サイトカインとは、免疫細胞同士のコミュニケーションを助ける働きをしています。
免疫細胞同士の情報交換により、免疫細胞の誤作動を防ぐことができます。

アレルギーやアトピー性皮膚炎などを抑制する働きがあります。
免疫細胞が正常に働くことができるためには、免疫細胞の情報伝達が正しく行われる必要があります。

アレルギーやアトピー性皮膚炎は、免疫細胞の誤作動や過剰反応によっておこる症状です。
情報伝達をスムーズに行えることにより、これらのアレルギー性症状を軽減することができます。

アレルギー症状だけでなく、インフルエンザなどのウイルス感染も防ぐ、免疫活性効果もあります。

嚥下機能のサポート

加齢とともに、飲み込む力も弱くなります。
特に、要介護の方は、腸の調子も悪く、嚥下能力も低くなり、誤嚥などによる肺炎で命を落とす方も少なくありません。

嚥下障害のある方にカスピ海ヨーグルトを食べていただいたところ、喉にヨーグルトが残留することが少ないことがわかりました。

喉に残留することが少なければ、食物が器官に入る可能性も減ります。
すると、誤嚥による肺炎が防げます。
この研究結果は、第14回日本摂食嚥下リハビリテーション学会学術総会の資料で見ることができます。

肌機能低下防止

ストレスによって、肌の機能は衰えます。
皮膚の血流の量が盛んだと、老廃物の運搬がスムーズにいくので、吹き出物や湿疹などの肌トラブルを減らすことができます。

また、水分量をキープできる肌の状況だと、しわもよりにくく、ハリも生まれますので、良い肌の状況を作ることができます。

この、血流量と水分量が肌の状態を決めているといっても過言ではありません。

マウスの実験で、ストレスによる肌機能の低下を防ぐ働きを調べた実験があります。
マウスも人間と同じく、過密環境ストレスによって肌機能が低下するということがわかっています。

その結果、普通のエサで育てたマウスよりも、EPSを食べさせたマウスのほうが、1.2倍の皮膚再生があったことがわかりました。
つまり、EPSは、マウスの肌機能低下を再生する機能を1.2倍にしたということです。

血糖値の急な上昇を防ぐ

食後の血糖値の急な上昇を抑える効果を調べた実験があります。
マウスの実験です。

普通のエサのみのグループ、牛乳を与えるグループ、カスピ海ヨーグルトを投与する3つのグループについて、グルコース(糖)をマウスに投与しました。
マウスの血糖値の上昇を調べたところ、牛乳よりもカスピ海ヨーグルトを与えたグループのほうが、血糖値の上昇が緩やかになることがわかりました。

牛乳にも血糖値を下げる効果がありますが、カスピ海ヨーグルトを与えたマウスのほうが、血糖値の上昇が抑えられ、血糖値が低下するスピードも速いことがわかりました。

生きて大腸まで届きます

クレモリス菌FC株は、ラクトコッカスといわれる乳酸球菌の一種です。
ラクトロコッカスは、その名の通り小さな球状の乳酸菌ですが、たいへん小さいので、腸のひだの間に入り込むことが容易にできます。

ラクトコッカスは大変酸に弱いのですが、死菌としても免疫力の向上効果が大変高いので、加熱殺菌されたサプリメントに使われることの多い乳酸菌です。

また、乳酸菌の効果は、取った菌数に比例します。
たくさん菌数を摂れば、より多くの効果が見込めます。
乳酸球菌は小さいので、サプリメントなどの中に菌数をたくさん入れることができるので、重宝されています。

生きて大腸まで届くことができる唯一の乳酸球菌が、クレモリス菌FC株です。
生きて届くと、大腸を整える効果が期待できます。
生きた菌の一番の特徴は、腸の中で増殖できるということです。
腸の中で増殖することによって、効果をより持続させることができます。

乳酸菌は、自分で移動することができない細菌なので、食物の流れと一緒に排泄されます。
長くて1週間ほどで口から摂った乳酸菌は、外に出てしまいます。

クレモリス菌FC株は、口から摂るのをやめても、2週間後にも排泄し続けるほど、腸の中に滞在し続けることがわかっています。
ラクトコッカスはたいへん小さいので、腸のヒダの中に入り込むと、なかなか排出されにくいからではないかといわれています。

こんな人におすすめ

  • アトピー性皮膚炎の症状を軽減させたい人
  • 血糖値の上昇が気になる人
  • 便秘を何とかしたい人
  • 嚥下障害のあるお年寄りに食べられるヨーグルトを探している人
  • ストレスによる肌荒れに悩まされている人

その他のヨーグルトと乳酸菌の種類と効果一覧はこちら

yogurt.hatenablog.com

yogurt.hatenablog.com

お値段を調べてみました(通販・税抜き)

カスピ海ヨーグルトを作っているフジッコは、カスピ海ヨーグルトを自分で作るための種菌や、スタートセットなども売っています。

自分で作りたいヨーグルトビギナーに、カスピ海ヨーグルトはたいへん適しています。
なぜなら、面倒な温度管理があまり要らないからです。

普通のヨーグルトは、牛乳を一度40℃ほどに温めてから作ります。
乳酸菌の発酵しやすい温度は、40℃前後だからです。

クレモリス菌FC株は、20℃~30℃で十分増殖することができます。
このため、室温で十分発酵できるので、失敗が少ないのが、爆発的にブームが起きた理由の一つでもあります。

  • カスピ海ヨーグルト手作り用種菌:926円
  • プレミアムカスピ海ヨーグルトスタートセット:5334円
  • カスピ海ヨーグルトスタートセット:1713円

お値段を調べてみました(都内スーパー調べ・税抜き)

・フジッコ カスピ海ヨーグルト400g:228円

味の評判・特徴

とろっとまろやかな味です。
食べた感じは、するんと口を通過してしまいます。
嚥下障害にも良いということだったので、もう少し喉を包むような感じかと思いましたが、さわやかな後味は残るけれど、ヨーグルトそのものはするっと喉を通る感じです。

濃厚な感じはせず、飲み物のような感覚で食べられてしまうヨーグルトです。
少しゆるい感じがするので、フルーツと混ぜたりすると完全にフルーツ部分とヨーグルト部分に分かれてしまいます。

一番良い食べ方は、フルーツソースやはちみつなどを混ぜて、一緒に食べることだと思います。
酸味は少なく、ヨーグルト独特の酸味が苦手な方にも食べやすい味だと思います。