ヨーグルト研究所

ヨーグルトの効果・ダイエット方法・レシピや作り方、乳酸菌ごとの特徴を公開しています。

森永ビヒダスヨーグルト(BB536)の効果

f:id:rerereflow:20150708162321j:plain

乳酸菌は、現在も、世界各地で次々に発見され、使われています。

その中でも、ビフィズス菌BB536株は、世界で一番最初に食品に利用されたビフィズス菌です。

それまで、乳酸菌を、大量に流通する食品に加工することは困難でした。
熱、酸素、酸など、流通に向かない弱点がたくさんあったためです。

この弱点を克服したのが、森永乳業の発見したBB536株でした。
1971年に初めてヨーグルトが店頭に並び、私たちの手に入るようになったのは、BB536菌が発見されたおかげです。

そんなBB536株の特徴や効果について、まとめました。

 

スポンサーリンク

 

 

 

BB536株の効果

ETBF菌を除菌できます

ETBF菌は、毒素産生型フラジリス菌といいます。
悪玉菌で、毒素を作り出して腸に悪影響を及ぼす、大腸の中のリスク菌と言われています。

その毒素は、腸壁の細胞をいため、炎症を起こします。
炎症が進むと、腸の機能が落ちるばかりか、そこにガン細胞の異常増殖が起こってしまうこともあります。

この効果を調べるためのヒト実験が行われています。
ETBF菌を持っていて、しかもヨーグルトを摂取していない人に、ビフィズス菌536株を含むヨーグルトを摂取してもらった実験です。
同時に、牛乳を飲むグループも設け、便の中のETBF菌を調べました。

便の半分は腸内細菌、あるいはその死骸です。
このため、便の中の腸内細菌を調べることで、フラジリス菌が腸の中で増えているのか減っているのかを判断できます。

結果は、驚くべきものでした。ヨーグルトを摂取している間、フラジリス菌はどんどん減っていきました。
8週間後には半分程度にまで減ったのです。
牛乳を摂取したグループのほうは、フラジリス菌が劇的に増えることはないものの、減ることもありませんでした。
若干増えた、くらいの数字でした。

ところが、ヨーグルトの摂取をやめてから12週間後、もう一度便の中の細菌を調べると、またフラジリス菌が元の値まで戻ってしまっていたのです。
このことから、BB536株を含むヨーグルトはフラジリス菌減少に効果があることがわかりました。
また、摂取しているうちは減少効果があるけれど、摂取をやめると元に戻ることもわかりました。

フラジリス菌を減少させるには、食べ続けることが大切なのです。
フラジリス菌は、約10人に1人は保有していることが推測されます。
日本全国で1000万人以上が保有しているようです。
気が付いていないだけで、あなたも保有者である可能性は十分にあります。

生きて大腸まで届く

BB536株に限りませんが、生きた乳酸菌が大腸につくと、乳糖などを分解して、酢酸や乳酸を作り出します。
酢酸は殺菌力が強いので、悪玉菌を退治する力があります。
乳酸も酢酸も、腸が蠕動運動をするのに欠かせない物質です。

乳酸菌やビフィズス菌など、生きて大腸に届くものは、このような効果があるのですが、その中でもBB536株は、高い整腸作用があることがわかっています。

便秘気味の39人の女性にビフィズス菌BB536株のヨーグルトを2週間、1日100gずつ食べてもらった実験では、

  • 便の中のビフィズス菌が増える(腸内にも増えているということ)
  • 排便回数の増加
  • アンモニアの濃度が低下

のような効果が認められました。

アンモニアは、体内で有害物質になります。
腸内の悪玉菌が産生するガスです。とても親水性が高い気体で、腸内の血管をやすやすとくぐり、血液に溶け込んで全身を回ります。

BB536株を含むヨーグルトと、含まないヨーグルトのグループに分けた対照実験も行われています。
BB536株の入ったヨーグルトは、入っていないヨーグルトのほぼ倍の効果が上記の3項目に対して認められました。

特定疾患に効果

特定疾患とは、「厚生労働省指定難病」という名称でも呼ばれます。
BB536株が特に効果があるのは、潰瘍性大腸炎です。
大腸壁に潰瘍(皮膚の深い炎症を繰り返すもの)が起こり、穴が開いてしまう病気です。
大腸がんを併発することもありますが、まだ原因は特定されていません。
治療も困難です。

潰瘍性大腸炎に対しては、ヒト試験の結果があります。
普通のヨーグルト100gに含まれている乳酸菌は、平均して100億個と言われています。
潰瘍性大腸炎の患者さんに1日2000億~3000億のBB536株を投与したところ、10人中9人が症状を安定させました。

薬ではありませんので、即効性はありません。
医師の指示に従い、薬物治療なども併用の上でBB536株を摂取してみてください。
腸が痛いからと言って、「ヨーグルトを食べておけば治るさ」という自己診断は、危険ですのでおやめください。

花粉症改善効果

体の中には、免疫細胞と呼ばれる細胞がたくさんあって、人間の体を病原菌やウイルスなどから守っています。
免疫細胞は、腸に6割~8割が集まっており、そのほとんどが休眠状態であるといわれます。

花粉症のアレルギー症状は、腸管免疫の過剰反応によるものだといわれます。
体の中にアレルゲンと呼ばれるものが入ってきて、免疫機能が必要以上に活発化し、ヒスタミンなどのかゆみ成分などを出してしまうのです。
その結果、くしゃみや鼻水、目のかゆみなどが起こります。

誤作動の原因は一つではないのですが、腸管免疫が正常でないことが主な原因です。
腸内環境が悪いために、腸管免疫が正しく働かず、誤作動を起こしてしまっている状態なのです。

腸内環境を整えると同時に、腸管免疫にも働きかけるBB536株は、腸管免疫を整え、誤作動を抑えるために、花粉症のつらいアレルギー症状を軽減する働きがあります。これは、ヒト試験でも証明されています。

ただし、アレルギー抑制作用はすぐには訪れません。
ターンオーバーといわれる現象がありますが、人間の細胞が古いものから新しいものに変わるのには約1か月かかります。
この、1か月という期間が、体質改善の最短単位です。
少なくとも花粉の飛び始める1か月前から、もしできるなら半年ほど前から、ビフィズス菌BB536株のヨーグルトを摂り続けることで、アレルギー症状を軽減することができます。

免疫細胞を低下させるのは、腸内環境の悪化です。
腸内環境の悪化は、ストレス、高脂肪高たんぱくの食事、睡眠不足、暴飲暴食、喫煙などさまざまな要因があります。
ヨーグルトで腸内環境を整えると同時に、生活習慣や食習慣も改めてみると、効果は大きくなります。

こんな人におすすめ

  • 花粉症の症状があり、何とかしたいと思っている人
  • 潰瘍性大腸炎の治療を、よりよく進めたい人
  • 便秘がちな人
  • 腸内の有害な悪玉菌を退治し、病気リスクを減らしておきたい人

その他のヨーグルトと乳酸菌の種類と効果一覧はこちら

yogurt.hatenablog.com

yogurt.hatenablog.com

ビヒダスBB356はこんなヨーグルトです

科学技術庁長官賞を受賞し、アメリカのGRASの認証を受け、約30か国へ輸出されています。

アメリカのFDA(食品や医薬品を管轄する政府機関)により、安全性審査を受け、世界で初めて食品に利用できるビフィズス菌として認可を受けています。

お値段を調べてみました(森永乳業の希望小売価格による・税抜き)

  • ビヒダスBB536 プレーンヨーグルト400g:210円
  • ビヒダスBB536 プレーンヨーグルト脂肪0400g:210円
  • ビヒダスBB536 プレーンヨーグルト加糖112g:110円
  • ビヒダスBB536 のむヨーグルト750g:210円
  • ビヒダスBB536 のむヨーグルト脂肪0750g:210円
  • ビヒダスBB536 フルーツシリーズ4ポット:250円

味の評判・特徴

初めて食べたヨーグルトがビヒダスヨーグルトだった、という方も多いのではないでしょうか。
昔よりも酸味が少なく、口の中の食感も滑らかになったように感じられます。

料理にも使え、用途を選ばない懐の広さがあります。
コーヒーフィルターなどを使って水気を切ると、濃厚な味になるので、それだけで贅沢なデザートになります。